ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
憲法ー歴史・未来館
  <伊藤真と香山リカの本音トーク>
いまどきの人々と憲法をどう語り合うか・・・(1)
2007/03/15

【伊藤真】私は今、あちこちで憲法の講演をさせていただいてるんですけど、やっぱり年配の方が多いですよねぇ。ただ、憲法公布60周年の11月3日に、神戸で7500人が集まってイベントをやったんですね。そこでは10代、20代の若い人たちも、憲法9条にちなんだTシャツを自分たちでつくってきてファッションショーをやったり、一緒にそのイベントを盛り上げる、作る側になったんです。まぁ、わりと成功したイベントの一つだったかなと思うんです。
【香山リカ】私も、たまにそういう集会に行くんですが、いつもジレンマを感じるんです。そういうところにも、もちろん熱心な10代の人とか、大学生なんかも来てますけど、やっぱりその人たちは、もともとわりと社会問題に関心があって、たとえば環境を守ろうとか、そういう運動をする中で、憲法のことにも関心を持つようになって参加していると思うんです。すごく変な言い方しますと、その人たちには、もう今さら、憲法のことを言う必要があるのかなぁーって気がするんですよね。問題はそういうところには来ていない、大多数の人たちにどう憲法のことを伝えるか、ということですよね。
【伊藤真】そうですよね。
【香山リカ】そこではね、こんなに若い人たちも熱心なんだから、まだまだこの世の中も大丈夫なんじゃないかとかって、つい錯覚しそうになるんですけれど、ここにいるのは今の若い人たちの、本当にごく少数なんだ、ということをいつも自覚しなきゃいけないと思いますよね。
【伊藤真】高校の生徒会活動なんかで、一部に熱心な生徒がいたりするじゃないですか。で、大多数はやっぱりそれを見てるだけ、みたいなところ、ありますよね。
【香山リカ】そうですよねぇ。憲法を守ろう、みたいな話をする場っていうのは、俺たちはこう思うよな、とか言って盛り上がって、それは正しいんだとか、そこで気勢をあげて、なんかちょっと違うんじゃない、とか思っちゃって。
私、以前そういう会に行って、お集まりの皆さんは熱心な方が多いので、憲法の大切さっていうのは十分におわかりですが、って言って、その後に、でもこの場が世の中の縮図だと思ったら大きな間違いだっていう話をしようと思ったんですよ。で、そこで実際に「すごく熱心なみなさん方がお集まりですが」って言ったら、もうそのときにもう、みんなガァーって拍手をしちゃって・・・
【伊藤真】でっ、・・・

【香山リカ】わっ、違う! ここじゃない! ここは拍手するところではないんだ! とか言ったんです。その時のことを思い出すとなんか震えてきちゃうっていうか、私にはすごくは象徴的なことなんですね。その後で、皆さん盛り上がってますけどね、ここに集まってるのは、演壇にいるのも、会場にいるのも、憲法は大事だっていうことを重々わかってる人が来てるので、本当にそうだよなとか言って確認しあってね、それで家に帰っておいしいビール飲んで寝るっていう、それだけではね、私たちのある種の自己満足みたいになってしまう可能性があるとかって・・・。なんか最近そういうところに行くと、いらないことばっかり言っちゃうんです。
【伊藤真】それはひとつのオアシスじゃないですかね。やっぱりまだ、憲法が重要だなんていう人間は世の中じゃ少数派のように言われているじゃないですか。まぁ、実際には、客観的にはよくわからないですけど。
【香山リカ】そうですよね。
【伊藤真】少数派であるがゆえに、自分たちを鼓舞したいっていう気持ちすごくあると思うんですよ。
【香山リカ】あるいは、そういう私も最近、わりとこういう発言しているという批判も多いので、そういう場に行くとみんな暖かいわけじゃないですか。すると、すごくこう、いわゆる癒される・・・
【伊藤真】癒されるんですよねぇ。
【香山リカ】「ああ、私も正しいことを信じてるんだ」とか感じ合う、そういう空間を求める気分があると思うんですね。みんなそれぞれの場所では少数派になりがちな人たちが集まって、私たち正しいんだよね、とか、わかってくれないほうがおかしいんだよね、とかって言い合う。ちょっと嫌な言い方だけど、そんなところがありますよね。
【伊藤真】私はよく「仲良しクラブ」って呼ぶんですけどね。
【香山リカ】ああ、そのほうがいいですね。親切な言い方ですね、まだ、優しい。
【伊藤真】「仲良しクラブ」の中で盛り上がってるのは、結局、「愛国心だ、日本人だ」って言って盛り上がってるのと変わらないんじゃないの、っていうようなことですよね。

 


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved