ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■第10回<旅と憲法9条>

 いろいろな地域に行き、そこの文化や人々と触れ合うことで新たな発見を見出せることがあります。ときどきは旅行したいものです。戦争はそれを妨げることになります。紛争地域だけでなく、関連する地域や国への渡航も制限されることになっていきます。したがって、国際紛争の予防・解決が大事になります。その際、日本が戦争放棄・戦力不保持を謳う憲法9条を持っていることの意味を再確認したいものです。9条には暴力の連鎖を断ち切っていく力があるのではないでしょうか。9条は世界の多くの人々からも評価されています。

2015/04/19


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved